① ハンドルにあるQRコードを読み取ります。
バッテリー残量と走行可能距離を確認します。

②返却ポートを選択しトリップ開始をタップ
返却ポートはトリップ中でも変更できます。

③車道に出てから片足で路面をキック!   
片足をステップに乗せ、もう片方の足で軽く路面 をキックして助走をつけます。

④助走がついたらアクセルON!   
助走がついたらアクセルを親指でゆっくり押し下げます。急発進に注意してください。

⑤ブレーキは自転車と同じ要領です。   
安全のため急ブレーキはかかりにくくなってい ます。下り坂でもブレーキが制御され15km以上は出ません。

⑥走行エリアと走行禁止エリアがあります。   
GPSにより走行エリアにはジオフェンスが設定され ています。ジオフェンスから出るとアラームが鳴り アクセル操作ができません。歩道や公園も走行禁止エリアのためアクセル操作ができません。

⑦選択した返却ポートでトリップを終了します。
ポートの枠内またはゴムマット内にキックボードを入れてください。支払いに進んでください。

一時駐車時にロックができます。

買い物や食事休憩の際にアプリから車両をロックできます。 一時駐車中も利用時間のタイマーは継続されます。

適切な駐車場所でアプリで一時駐車をタップ
一時駐車を選択すると車両がロックされます。

トリップを再開するとロックが解除されます。
駐車した位置でトリップを再開してください。

走行禁止エリアで一時駐車した時は、必ず駐車位置でトリップを再開してください。走行エリアに移動して トリップを再開するとアクセル操作ができません。 

道路交通法における駐車禁止の対象車両です。 一時駐車の際には立ち寄る施設の指定する場所やバイク用駐車場をご利用ください。